MENU

  * 口座凍結すると入金できるのか
  * 口座凍結されると引き落とせるのか
  * 口座凍結するとATMではどうなるのか
 
おすすめ記事

  * 詐欺に利用されると凍結される
  * 口座凍結はどうするもの
  * 口座凍結は委任状で解除できるのか

口座凍結ハンドブック〜凍結理由と対処方法〜



詐欺だと気づいたらすぐに口座凍結の手続きを

振り込め詐欺に遭うのは確率の問題です。おかしいと思えば振り込まずに確認すれば良いのですが、すでに振り込んでしまうこともあります。たとえば、役所の職員を名乗る人から振り込むように言われて振り込んでしまうこともあります。役所の職員と言われると信じてしまうものなのですが、それを利用した詐欺もあります。もしも振り込んでしまったのならすぐに振込先の銀行に連絡をするべきでしょう。過去にはすぐに連絡をしたことで口座凍結の手続きが行われ、無事に何とかなったと言うこともあります。口座凍結をするためには警察の協力も必要となりますから、まず警察に相談するべきでしょう。仮に口座凍結が行われたとしても、その前に詐欺グループがすでに出金している場合には取り戻すことができません。ですから、もしもと思ったときには、できるだけ早く対処しなければならないのです。過去にもすぐに通報したことで何とか被害を免れたケースもあります。ちょっとでも変だ!と思ったら「ヤミ金問題に積極的な弁護士・司法書士リスト」を参考にしながら法的な手続きをしてきましょう!

口座凍結を解除する方法があります

口座凍結が行われると入金も出金も出来なくなるので、生活面で非常に困ったことになります。お金がどれだけ必要でも一銭も引き出せないのです。銀行がそのように凍結してしまうのですが、それを解除する方法があります。この方法を実施しないと、口座からの引き落としは出来ないままですし、いつまで経っても口座への入金も出来ません。こういう状態が続くと、まともに生活はできません。その方法とは、所定の申請を行うことです。その申請が認められれば口座凍結は解除してもらえます。無事に解除されれば口座への出金も入金も自由に出来るようになります。この手続きをせずに放っておくと、永遠に入出金が出来ない状態が続く事態になってしまいます。生活費や公共料金を支払えないと困ってしまいますし、入金が出来なければ給料を受け取ることもできません。今後、もし自分が口座凍結の状態になった場合は、できるだけ早く申請を行って、急いで口座の凍結を解除してもらうといいです。

警察によって口座凍結された場合の解除

詐欺などにかかわっている疑いがあるときには、警察によって口座凍結が行われることもあります。たとえば、銀行のカードを盗まれて悪用されるというケースなどがあります。このような場合にはどうすれば良いのかというと、警察に問い合わせてみるのが良いです。たとえば振り込み詐欺にかかわっていると疑われている場合には、解除するためにはかかわっていないことを証明しなければなりません。口座凍結の解除のための証拠を提示するのは難しいことです。ですから、もしもその銀行を今後も使わないのであれば、そのまま放置しておくというのも良い方法の一つだと言えるでしょう。今後も使い続けたいと考えているのであれば、口座凍結の解除をする必要があります。そのための手続きは複雑です。では、どうすれば良いのかというと、このあたりは法律の専門家に相談をするのが良いです。弁護士に相談すれば、警察で行わなければならない手続きをサポートしてくれます。

口座凍結理由を知って現状を把握しましょう

口座凍結とは銀行が強制的に口座を利用不能にしてしまうことです。入金だけでなく出金も行えなくなるので、生活費も引き出せなくなってしまいます。生活できない状態に追い込まれるのは必至ですが、その状態になっても引き出せません。銀行が有無を言わさずに凍結することには正当な口座凍結理由が存在するのですが、どうのような理由であっても凍結されると困ってしまいます。口座凍結理由が不当なものであれば、それを主張することによって解除してもらえますが、通常は口座凍結理由は正当な理由であることが多いです。そのため、別の方法で凍結を解く必要があります。それは解除の申請をおこなうことです。申請をしないと、口座からの引き落としはずっとできません。また、口座への振り込みも出来ないままです。つまり、普通の生活ができなくなってしまうのです。申請さえして認められれば、口座凍結は速やかに解除してもらうことができます。口座の凍結が解除されれば、これまで通りの暮らしが出来るようになります。


© 口座凍結ハンドブック〜凍結理由と対処方法〜 All Rights Reserved.
全身脱毛 どこがいい 刈谷 相互リンク 脱毛エステ口コミ わきが手術 自分史とは